「ゆうさいくん」とは、西舞鶴の田辺城城主“細川幽斎”のイメージキャラクターです。

戦国武将・歌人である細川幽斎(藤孝)は、室町幕府・足利将軍家に仕え、15代将軍足利義昭の擁立に尽力しますが、のちに織田信長に従い、丹後国を与えられました。宮津城と田辺城を建てて息子忠興と共に丹後地域を統治しました。 足利家・信長・秀吉・家康とめまぐるしく移り変わる戦国の世を才覚溢れる抜群の処世術と武術でくぐり抜け、近世細川家の祖となりました。 武将として秀でていただけでなく、当代随一の文化人として、あらゆる学問・芸能の奥義を極め、とりわけ和歌と茶道に造詣が深いことで有名です。
18代当主は第79代内閣総理大臣 細川護煕氏です。つまり「ゆうさいくん」は、細川元首相の「ひいひい…(ひいが15個)おじいちゃん」なのです! 左の写真は平成23年5月21日、舞鶴グランドホテルにて行われた田辺城祭り(舞鶴市・西地区で毎年行われる伝統的なお祭り)前夜祭にて、18代目の子孫・細川護煕氏と握手するゆうさいくん。 ゆうさいくんは、細川家公認の由緒正しきキャラクターなのです。